愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 守山区で門扉のタイル貼りと色落ちした玄関ドアの塗り直し工事

守山区で門扉のタイル貼りと色落ちした玄関ドアの塗り直し工事


before abc 門扉施行中
after 門扉完成

門扉も建物と一緒に塗装工事を行うこととなっていたのですが、建物の塗装工事を行なっていた時に、門扉のひび割れをどうにかしてほしいとお話をいただきました。これはコンクリートブロック積みの門扉、塀などによく見られる現象で、ブロックの形にそって塗装や塗り壁にひびが入ってしまうのです。これは塗り直しをしたとしても、また同じ箇所にひびが入ってしまうため、今回はタイルを表面に貼ることを提案させていただきました。表面に長細いタイルを貼っていき、そのまま終わってしまうと笠木(天辺の部分)のおさまりが気になったので、レンガを積んでポイントとしました。

before abc 色落ちしたドア
after ドア塗装完了

玄関ドアは雨風にさらされる場所になるので、木製ドアは塗装が取れてきてしまいます。下の方が特に劣化は激しいです。今回は浸透性塗料のキシラデコールという塗料を使っています。これは木に浸透して表面の風合いや肌触りを残したまま塗装ができるものです。しかしこの木製ドアは塗料の色落ちが激しかったため、色落ち部分と塗装が残っている部分との色の差をなかなか埋めることができず、最終的に4回重ね塗りをしました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例