愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

【岡崎市】外壁塗装、シーリングの役割と重要性


一般的な戸建住宅の7割が外壁にサイディングを使用していると言われています。サイディングには必ずと言っていいほど、"シーリング"が付随してきます。シーリング、中にはコーキングと呼ばれますが同じ意味です。このシーリングは一体どんな役割を持っているのでしょうか。以前にも軽くお話したかと思いますが塗装工事の次に多いのがシーリング工事ですので再度ご紹介します。
外壁塗装_釘の浮き
シーリングというのはサイディングボードやALCパネルの外壁材を使用する際にボードとボードをくっつけるクッションのような役割を担う樹脂のことです。つまりは継ぎ目を埋めてくれています。このシーリングには部材の伸縮を緩衝してくれています。ボードは湿気や乾燥でどうしても伸縮します。その時、部材同士を継ぐとどうしても隙間ができてしまうので雨などの水が外壁内に侵入してしまいます。シーリングは接着剤みたいなものなので隙間なくくっつき、ゴムのように柔らかい性質を持った樹脂なので伸び縮みします。ボード自体への影響をも緩和してくれているんですね。

シーリングの充填方法

シーリング材は外壁の膨張と縮小を緩衝させる役割を担っています。つまり、サイディングボードが動くということを前提に充填されているのです。このため、シーリング材はサイディングボードの側面部分だけに接着させ、シーリング材の背面(底面)には接着させないのが基本です。これを二面接着と言います。この場合、背面(底面)にバックアップ材やボンドブレーカーと呼ばれるシーリングにはくっつかないものを挿入し、接着させないようにします。そうすることで外壁が動くと同時にシーリングが上手く伸縮します。 業者の中にはこういった知識を持っておらず、ただ充填させるのみで三面(全方向)に接着させてしまうところもあります。これを三面接着と言いますが、三面に接着してしまうと、背面(底面)も接着されてしまうので、伸縮が制限されてしまうことになります。その結果、高性能なシーリング材であっても、すぐに剥がれて隙間ができてしまったということも起こりうるのです。ちなみに三面接着は外壁が伸び縮みしない前提であれば防水性もあるので使われることもあります。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の中塗り・上塗り

こんにちは。豊田市で行われた外壁塗装工事、いよいよメインの塗装の様子をご紹介します。塗装は基本、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りで行なっています。下塗りは下地となるシーラー剤。これは外壁を保護する役割とメインとなる樹脂塗料の接着力を高めるた… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|シーリングの打ち替え工事を行いました。

豊田市F様邸ではシーリング張り替え工事が行われました。現地調査の時点でシーリングのひび割れや剥離が多く見られたため、外壁塗装の前にシーリングを打ち替えます。まずは既設のシーリングを撤去していきます。シーリングを撤去すると下地が見えるのがわか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の養生下地作業です。

豊田市の現場です。高圧洗浄が終わり、いよいよ塗装作業に入ります。本日は養生と鉄部の錆止めを塗っていきます。 塗装作業でとても大事なのが養生です。 お客様のたいせつなお家ですから、塗装が飛ばないように心がけるのはもちろんですが、飛んでしまって… 続きを読む