愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岡崎店

街の外壁塗装やさん岡崎店

〒444-0076

愛知県岡崎市井田町稲場2-1

TEL:0120-75-2377

FAX:0564-83-5429

おかげさまで岡崎や豊田で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-75-2377

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

守山区にて外壁塗装工事


築14年のお家でバルコニーに布団を干していたところ、外壁塗料の粉が布団に着くようになってしまいました。外壁はそれほど汚れてませんでしたが、塗料の劣化が進んでいるため、外壁・屋根塗装を提案しました。

ビフォーアフター

before
外壁塗装完成写真
arow
arow
after
塗装後の外観

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 
使用材料
シリコン塗装
築年数
14年
施工期間
2週間
保証年数
塗装保証5年
建坪
約40坪
外壁塗装完成写真

名古屋市守山区にある、イギリスのチューダー調のK様邸。外壁と屋根の塗装を行いました。

外壁塗装前

外壁は、サイディング下地の吹き付けで、見た目はなんの問題もないように見えますが、実際にお施主様の声を聞くと、布団を干す際に外壁の塗装が付いてしまうという状況でした。

チョーキング現象

実際に外壁を触ってみると、白い粉が付着しました(写真だとわかりづらいですね。ごめんなさい)。これは、「チョーキング現象」といって、チョークの粉が付着するような現象のことを言います。外壁の塗料の成分が太陽の光によって分解され、顔料が粉となって表面に出てくるチョーキング現象は、外壁の塗り替えを考え始める目安になります。

塗装前の木の柵
塗装前の階段
塗装前の木の柵

これは、玄関へのアプローチ階段の手摺と、庭の柵の様子です。木部の色は、建築当初のままメンテナンスをしていなかった為、塗装が剥がれてグレーになってきています。この現場の場合、木部の部分が風通しの良いところだったのでそこまで激しい劣化ではありませんでしたが、風通しの悪い湿気の溜まってしまうような場所であれば、さらに激しく劣化が見られていたでしょう。木部のメンテナンスは、定期的にブラシで擦って水洗いをして埃やゴミを洗い流す必要があります。

白華現象

タイル部分は、白く汚れが浮き出ていました。

タイル下地となるモルタルに含まれる水酸化カルシウムが、雨などによって水分に触れると炭酸カルシウムとなって溶け出し、表面に出てきます。これを、白華現象と言います。白華現象は、塗装では直すことはできませんが、構造上問題があるわけではないので、今回の現場ではメンテナンスは行いませんでした。

色落ちしたドア

木製の玄関ドアは、下の方が特に雨の跳ね返しを受け、塗装が抜け落ちてきています。ドアの下部は太陽光が直接当たることが多いので、劣化の度合いも激しい場合が多いです。

色落ちしたドア

搬入作業及び仮設足場の設置を進めていきます。住宅密集地では隣の家との隙間が狭く、足場をかけるのが大変です。お隣の畑の持ち主に擁壁上に足場を設置する許可をもらい、となりの家に足場が当たらないように設置を進めていきました。

足場の搬入
足場設置完了

今回のお家は、前の塗装と同じ色にするという要望がありましたので、現場で色あわせをして前と同じ色になるよう調整をしています。チューダー調の木部が多いお家なので、3色の塗料を使いました。木部のこげ茶色、ベースの白色、屋根の朱色。この3つを使っています。一斗缶の量が多く見えますが、両隣のお家と同時に施工を行ったため三軒分の塗料が搬入されたためです。

搬入された塗料
搬入作業中
足場設置完了
足場設置完了

足場シートをかけて、足場設置の作業は完了となります。足場シートは塗料が跳ねたりして、隣の家を汚してしまうのを防ぐ意味があります。

養生中
門扉塗装中

続きまして、塗装の本番です。植栽など常に養生をかけることができない場所に関しては、作業ごとに養生をして塗っていきます。

外壁塗装完成写真
塗装後の外観

これで塗装工事の完了です。白い外壁は手で触っても、お布団を干しても粉がつくことはなくなりました。色がぬけてしまっていた木部は色を取り戻しています。今回のお家は1F2F部分のレンガ調の外壁は塗装をしてないので、そのままです。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の中塗り・上塗り

こんにちは。豊田市で行われた外壁塗装工事、いよいよメインの塗装の様子をご紹介します。塗装は基本、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りで行なっています。下塗りは下地となるシーラー剤。これは外壁を保護する役割とメインとなる樹脂塗料の接着力を高めるた… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|シーリングの打ち替え工事を行いました。

豊田市F様邸ではシーリング張り替え工事が行われました。現地調査の時点でシーリングのひび割れや剥離が多く見られたため、外壁塗装の前にシーリングを打ち替えます。まずは既設のシーリングを撤去していきます。シーリングを撤去すると下地が見えるのがわか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の養生下地作業です。

豊田市の現場です。高圧洗浄が終わり、いよいよ塗装作業に入ります。本日は養生と鉄部の錆止めを塗っていきます。 塗装作業でとても大事なのが養生です。 お客様のたいせつなお家ですから、塗装が飛ばないように心がけるのはもちろんですが、飛んでしまって… 続きを読む
岡崎市、豊田市、刈谷市、安城市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岡崎店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-75-2377
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岡崎店に