愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 目地が切れているたら、すぐに塗装し直さないと危険です!?【岡...

目地が切れているたら、すぐに塗装し直さないと危険です!?【岡崎市 外壁塗装】


何気なく我が家の外壁を眺めていたら・・・・!?大変だ!!目地が切れているぞ!!

新築して15年~20年も経つと、そんなことが起こってきますね。

では、そんなときはどうしたらよいのでしょうか??

目地(シーリング)が切れていると、即雨漏りの危険が!!

急いで塗装し直さないと大変なことになります!!!

なんてことは、ありませんのでひとまずご安心ください。

しかし、早急に点検をし今後の対策を検討する必要はありますね。

外壁の構造を少し知ってください。

外壁の断面を簡略化した図面です。

上の絵は、外壁を水平に一刀両断し、真上から断面を眺めたものだと思ってください。

壁は、外側から、外壁材→通気層+胴縁→透湿防水シート

→構造用面材→柱+断熱材→石膏ボード→内装仕上げ材

の順に層になっています。(土壁など上記とは違うものも当然あります。)

そして、実は外壁材というのは、雨を防ぐ最後の砦というわけではなく、

外壁内部に雨が侵入してくることは、想定内です。

ではどこで雨を防いでいるのかというと、通気層+胴縁に内側にある

透湿防水シートが雨の侵入を防いでくれます。

透湿防水シートって?

透湿防水シート施工中(岡崎市)

写真は、透湿防水シート施工中の新築現場です。

この透湿防水シートが、最後の砦として、家を雨漏りから守ってくれています。

透湿防水シートは、気体の状態の水分は通すが、

液体の状態の水分は通さないという性質を持っています。

これが正常な状態であれば、シーリングが切れていても、そんなに恐れる必要はありません。

しかし、放置しておくことは好ましくありませんので、

まずは点検を依頼しましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の中塗り・上塗り

こんにちは。豊田市で行われた外壁塗装工事、いよいよメインの塗装の様子をご紹介します。塗装は基本、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りで行なっています。下塗りは下地となるシーラー剤。これは外壁を保護する役割とメインとなる樹脂塗料の接着力を高めるた… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|シーリングの打ち替え工事を行いました。

豊田市F様邸ではシーリング張り替え工事が行われました。現地調査の時点でシーリングのひび割れや剥離が多く見られたため、外壁塗装の前にシーリングを打ち替えます。まずは既設のシーリングを撤去していきます。シーリングを撤去すると下地が見えるのがわか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の養生下地作業です。

豊田市の現場です。高圧洗浄が終わり、いよいよ塗装作業に入ります。本日は養生と鉄部の錆止めを塗っていきます。 塗装作業でとても大事なのが養生です。 お客様のたいせつなお家ですから、塗装が飛ばないように心がけるのはもちろんですが、飛んでしまって… 続きを読む