愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 【岡崎市】耐震診断のススメ。直下率ってご存知ですか?【外壁塗...

【岡崎市】耐震診断のススメ。直下率ってご存知ですか?【外壁塗装】


ご存知ですか?和のお家が地震に弱いわけ。

和の家の1F間取り図サンプル

1F 間取り図

和のお家の2階間取り図サンプル

2F 間取り図

よくある和風のお家の特徴として、1階が大きく、2階は小さい。

2階がちょこんと乗っかっている印象のお家が多いということです。

これ自体は、足元が重くなり頭が軽くなるので地震に強くなりそうなものなのですが、

そうでもないことが多いです。

たとえば上のサンプル間取り図をご覧ください。

こちらのお家も1階が大きく、2階が小さいですね。

壁直下率を計算するための図面です。

上の図面をご覧ください。上の図面は、1階と2階の間取り図を重ねあわせたものです。

青い線のところは、1階にだけ壁がある部分、

赤い線のところは、2階に壁があるのに1階には壁がない部分、

ピンクの線のところは、1階と2階の壁のラインが一致している部分です。

お家というのは、壁と柱で支えられており、壁や柱の下には大きな力がかかります。

ですから、2階に壁や柱があるところには、基本的には1階にも壁や柱があったほうが

構造的に強くなります。

しかし、このお家では、1階と2階の壁が一致している割合は、

なんと約24%しかありません。

壁直下率と呼ばれますが、この壁直下率は60%以上あることが望ましいとされています。

 

熊本の震災では、割りと築年数の浅い建物も倒壊しており、

業界にも衝撃を与えました。

その研究の結果、壁直下率が低い建物が倒壊している確率が高かったことがわかりました。

さらに、古い和のお家の弱点は屋根にもあります。

昔の瓦は非常に重かったこと+屋根の下地が土でできており、こちらも非常に重いのです。

頭が重い上に足元がぐらついているので、非常に耐震上不安定であることが多いです。

耐震診断のススメ(直下率も見てもらいましょう。)

脅すわけではありませんが、このことがわかってきたのは最近のことであり、

やはり昔の建物は直下率が非常に低い場合が多いです。

外壁塗装などの修繕を思い立った時には、

ぜひ耐震診断や直下率の診断なども同時に行うことをお勧めします。

いずれくる地震に備え、対策をしておくことが非常に重要です。

耐震診断や直下率の診断、住宅診断などは

街の外壁やさん岡崎店にお気軽にご用命ください。

対応可能エリア

岡崎市・豊田市・安城市・幸田町・蒲郡市・知立市・刈谷市を中心とする

西三河エリア。これ以外のエリアでもまずはご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の中塗り・上塗り

こんにちは。豊田市で行われた外壁塗装工事、いよいよメインの塗装の様子をご紹介します。塗装は基本、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りで行なっています。下塗りは下地となるシーラー剤。これは外壁を保護する役割とメインとなる樹脂塗料の接着力を高めるた… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|シーリングの打ち替え工事を行いました。

豊田市F様邸ではシーリング張り替え工事が行われました。現地調査の時点でシーリングのひび割れや剥離が多く見られたため、外壁塗装の前にシーリングを打ち替えます。まずは既設のシーリングを撤去していきます。シーリングを撤去すると下地が見えるのがわか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の養生下地作業です。

豊田市の現場です。高圧洗浄が終わり、いよいよ塗装作業に入ります。本日は養生と鉄部の錆止めを塗っていきます。 塗装作業でとても大事なのが養生です。 お客様のたいせつなお家ですから、塗装が飛ばないように心がけるのはもちろんですが、飛んでしまって… 続きを読む