愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

岡崎市・ガルバリウム鋼板の外壁の魅力


近年、注目を浴びている”ガルバリウム鋼板(ガルバ)”。テレビで取り上げられていたり、町にも増えてきていますよね。岡崎市でも最近の新築でよく見かけます。ではガルバとは一体どんなものなのでしょうか。

ガルバリウム鋼板とトタンは違う

「ガルバリウム鋼板ってトタンのことでしょ?」とよく言われます。外付けの倉庫に使われるトタンと確かに似ている気がしますが、使われている成分が違います。

トタンは亜鉛メッキ鋼板、ガルバはアルミニウム・亜鉛合金メッキ鋼板です。これでもあまり違いがないように思えますが、ガルバに入っているアルミニウムが大きな違いを生み出しています。アルミニウムは窓のサッシに使われているように、錆びにくい素材です。また壁に傷が出来た際、トタンの場合、メッキ部分の亜鉛が溶け出してコーティングするのですが、ガルバの場合、亜鉛の前にアルミニウムがその役割を果たしてくれます。ですので侵食しにくく、錆つくまで時間がかかります。こういった理由でガルバリウムはメッキ鋼板なのに錆びにくく、耐久性が高いといわれているのですね。

ガルバリウムで起こりうる「錆」

ただし、まったく錆びないわけではありません。注意すべき点は「もらい錆」です。錆ついた金属のものを外壁に立て掛けておくとその錆はガルバリウムまで侵食してしまいます。これをもらい錆といいます。また傷がついてもすぐには錆びないと記載しましたがすぐには錆になるわけではない、と言う意味でいずれは錆びてしまいます。(これを赤錆といいます。)傷をつけてしまったり、錆がすでに起きている場合は塗装などのメンテナンスが必要になります。

ちなみに、亜鉛が酸化することにより起こる白い斑点みたいな模様は「白錆」といわれるガルバ特有の現象があります。これは雨などの水がかからない場所で見られることが多く、劣化症状ではありませんが、見た目があまりよくないので水で洗い流して落としましょう。

メンテナンスフリーといわれるガルバリウムですが、先に書いたように100パーセントではありません。簡単なメンテナンスとしておすすめしているのは、定期的に水で洗い流すことです。ちょっとした汚れも放っておくと劣化の原因になりますので、定期的に水をかけてあげるだけで汚れを落とすことができます。それでも落ちないものは塗装の必要がある場合があるので、街の外壁塗装やさん岡崎店に気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の中塗り・上塗り

こんにちは。豊田市で行われた外壁塗装工事、いよいよメインの塗装の様子をご紹介します。塗装は基本、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りで行なっています。下塗りは下地となるシーラー剤。これは外壁を保護する役割とメインとなる樹脂塗料の接着力を高めるた… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|シーリングの打ち替え工事を行いました。

豊田市F様邸ではシーリング張り替え工事が行われました。現地調査の時点でシーリングのひび割れや剥離が多く見られたため、外壁塗装の前にシーリングを打ち替えます。まずは既設のシーリングを撤去していきます。シーリングを撤去すると下地が見えるのがわか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊田市|外壁塗装の養生下地作業です。

豊田市の現場です。高圧洗浄が終わり、いよいよ塗装作業に入ります。本日は養生と鉄部の錆止めを塗っていきます。 塗装作業でとても大事なのが養生です。 お客様のたいせつなお家ですから、塗装が飛ばないように心がけるのはもちろんですが、飛んでしまって… 続きを読む