愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
  • HOME 
  • > 外壁塗装と一緒に行いたい、破風板・鼻隠し・ケラバの補修

外壁塗装と一緒に行いたい、破風板・鼻隠し・ケラバの補修


破風板・鼻隠し・ケラバの解説&補修方法

 屋根の端、破風(はふいた)や鼻隠し(はなかくし)の傷みが気になる方へ

 お家の外廻りで最も傷みやすい部分をご存知でしょうか。それは外壁でも、屋根本体でもありません。屋根の端、面積で言えば、とても狭い部分で「破風(はふ)」や「鼻隠(はなかくし)」と呼ばれる部分です。お家の傷みは破風から始まるという方もいるほどです。建物の端は屋根外壁同様に雨水や太陽光に晒されることに加え、風の影響も受けやすいためです。しかしもちろんあるということは破風にも鼻隠しも重要な役割を果たしており住宅の劣化防止、美観性の向上に役立っているのです。このページではまず破風・鼻隠し・ケラバがどこを指しているのか、何のためにありどのようなメンテナンスを行うべきかをご紹介いたします。



まずは破風や鼻隠しの場所を知りましょう

破風・ケラバ・鼻隠しの場所

 破風は「切妻(きりつま)」と呼ばれる屋根に存在する部位で、二等辺三角屋根の斜辺になっている部分を指します。破風の上端部分をケラバと呼びます。破風の部分に使われている建材を形状や材料から破風板(はふいた)と呼ぶこともあります。

破風と鼻隠しの詳細な場所

 斜辺を下った端、地面と水平になっている部分は軒先と呼ばれます。軒先の先端には鼻隠しと呼ばれる部材が取り付けられていることがほとんどで、ここに雨樋(横樋)が取り付けられています。

 破風と鼻隠し、どちらも屋根の端にあるので混同しやすいのですが、破風が存在する屋根は切り妻と入母屋になります。寄棟は屋根が4面で形成されているため、破風は存在せず、屋根の下端は全て鼻隠しとなります。また、破風に雨樋が取り付けられることはありませんが、鼻隠しにはほぼ取り付けられています。

 破風とケラバの違いがちょっと良くわからないという事を耳にしますが、破風と鼻隠しは材料の名前で、ケラバは場所の名前です。どちらかわからなくともスタッフが点検時にご説明させていただきますので、問い合わせ時に悩まれた際には「屋根の端」と言っていただいても全く問題ありません。



破風・鼻隠しの役割

 屋根の端に取り付けられている破風・鼻隠しですが雨樋の有無を除けば屋根の端を守っていることに代わりありません。ではなぜ名称が違うのか、それは住宅の形状や用語と関係があるようです。

屋根の端を守っている破風・鼻隠し

 まず破風板と呼ばれる側面に取り付けられている部材は、屋根裏へ風が吹き込むことを防いでいます。屋根というと雨水や太陽光を防いでいるという印象ですが、その役割の通り上からの雨風には高い耐久力を発揮させます。

 一方横から吹き付ける雨風、外壁にあたり吹き上げる風の影響を大きく受けやすい傾向にあります。屋根の端であるからこそ横や下からの雨風を破風板がしっかり受け止めているのです。

破風板は、屋根裏へ風が吹き込むことを防いでいます
破風・鼻隠しは屋根が苦手とする横や下から雨風の浸入を防ぎます

 鼻隠しはというと、そもそも棟木から軒先に向かって設置されている垂木の小口を隠すために設置されています。その垂木の先端を建築用語では「鼻先」と呼んでいたことからその鼻先を隠す、つまり「鼻隠し」と呼ばれるようになったようです。

 鼻隠しも破風板同様、屋根の端に取り付けられていることから雨風防止の役割を担っていますが、最も大きな役割はやはり雨樋の下地材が挙げられます。

 鼻隠しのないお住まいでは化粧垂木に打ち込み金具と呼ばれる指示金具を用いて雨樋を設置することもありますが、近年のお住まいのほとんどに鼻隠しが設置されていますね。

鼻隠し
鼻隠しは破風板同様雨風防止と雨樋の下地材の役割があります

 破風板と鼻隠しには他にも共通の役割があります。まずは美観性の向上です。屋根の骨組み部分はシンプルな住宅には似つかわしくありません。破風板や鼻隠しはこのような複雑な構造部分をまとめて隠すことで見栄えをよくする効果があります。

 また防火性の向上にも一役買っています。住宅火災が起きた際、一気に下から上に延焼していきます。防火性能が高い破風板・鼻隠しがないと窓から上がる火は一気に軒まで燃え移り甚大な被害を与えてしまいます。

破風板や鼻隠しは複雑な構造部分を隠し見栄えをよくする効果があります
破風板・鼻隠しは防火性能を高める役割があります

 普段意識が向くことがないであろう破風板と鼻隠しも、住宅を安全かつ綺麗に見せるために重要な役割を担っているのです。



破風も鼻隠しも傷みを放置するのは厳禁

 残念ながら、「こんなことになるなら気付いたときに直しておけばよかった…」というお客様が非常に多いのです。

 破風は直に雨が当たるところです。
 鼻隠しは雨樋に隠れている部分が多いものの、こちらも直に雨が当たります。日光も、風も、ダイレクトに当たりますからお家の中でもかなり負担を強いられている部分になります。

 破風や鼻隠しが傷み、水分を含み始めると当然のことながら、周辺にも悪影響を及ぼします。
 破風や鼻隠しに雨水が染み渡ると、その水分は軒天を浸食しはじめ、やがては外壁や小屋裏へと到達し、屋内にも浸入して来るのです。雨漏りに繋がってしまうことも珍しくありません。


 事実、「屋根の端っこの一部が傷んでいるだけだと思っていたら、軒の方も変色が始まり、お部屋の中にも雨染みができてしまった」という方もおられます。
 傷みが破風や鼻隠しの一部にとどまるなら、修理を急ぐ必要はないのですが、そうはいかないことがほとんどなのです。

 破風と鼻隠しは傷みを見つけたら即修理! または外壁塗装のついでにメンテナンスがお勧めです。

負担が大きく、傷みやすい破風や鼻隠しは雨漏りなどのトラブルを招く可能性があります


破風と鼻隠しに使われている材料について説明いたします

木製の破風板

 二十数年前のお家でよく使われているのが木製の破風板や鼻隠し。紫外線や風雨による影響を受けやすいので、メンテナンスの頻度は高くなる。劣化・木材の腐食がみられない場合には塗装メンテナンスによる表面保護を行うことでさらに長く使用することができるが、塗膜の剥がれに要注意。

モルタルの鼻隠し

 下地の上にモルタルを塗り、仕上げたもの。外壁がモルタルというお家に多い。現在ではモルタル外壁のお家が減少してきたため、このように仕上げられた破風や鼻隠しも減っている。また経年劣化によるクラック、雨樋の指示金具によるクラックによりモルタルが広範囲にわたって剥落するケースがみられる。

ガルバリウム鋼板の破風板

 木製の破風や鼻隠しにガルバリウム鋼板を被せたもの。耐用年数が長く、メンテナンスの手間も少なくなる。

窯業系・樹脂系の破風板

 外壁の窯業系サイディングと同じ材料で作られたもの。耐火性が高く、耐久性も窯業系サイディングと同じくらい期待できる。現在の新築では窯業系・樹脂系素材が使用されていることが多い。



破風・鼻隠し状態別補修方法を解説いたします
劣化した破風と鼻隠し
軽い傷みの破風板、鼻隠し

状態塗膜が剥がれかかっている

症状

補修方法塗装(ケレンして塗装)

費用

これからの耐用年数普通


被害状況が中程度の破風板、鼻隠し

状態塗膜が剥がれは進行しているが、木材は健全

症状

補修方法板金撒き(破風板や鼻隠しを板金で撒いて
覆ってしまう)

費用

これからの耐用年数長い

※鼻隠しを板金巻き(板金カバー)する場合、
 雨樋を取り外すので新しい雨樋にした方がお得


被害状況が大きい破風板、鼻隠し

状態塗膜の剥がれが顕著、木材にも劣化や腐食あり

症状

補修方法部分交換、または全交換(破風板や鼻隠しを部分的、または全面的に交換する)

費用

これからの耐用年数普通・長い




ケラバの状態別補修方法を解説いたします

瓦屋根のケラバのメンテナンスと補修方法

劣化したケラバ

 ケラバ瓦と呼ばれるケラバ専用の瓦が使われているので、素材にあった方法でお手入れや補修を行います。 以下のような状態は雨漏りなど住まいに不具合を与えかねませんので、いち早い対応が必要となります。

ケラバ瓦のズレ
ケラバ瓦のゆがみ
崩落したケラバ瓦

 状況に応じて適切な対応をしていきます。ケラバ瓦がずれている、外れている場合はずれや外れを直し、歪みなく整列させます。割れていたり、欠けていたりする場合はその部分を交換します。ケラバ瓦がずれることで鳥が入り込むケースもあります。鳥が棲みつくと騒音や異臭、糞害等で頭を悩まれることもあります。また卵や雛がいる場合、鳥獣保護法により巣立つまで補修することができなくなってしまいますので、子育てシーズンに入る春から7月までには一度ケラバ瓦のずれがないかを確認しておきましょう。

 またセメント瓦やコンクリート瓦(モニエル瓦)などの屋根塗装が必要な瓦の場合、屋根塗装時にはケラバ瓦も同様に塗装します。が、セメント瓦やモニエル瓦は廃盤製品も多く、在庫がない場合は代替品で対応、代替品もない場合は全体の葺き替え工事をご提案させていただくケースもございますのであらかじめご了承ください。

セメント瓦やモニエル瓦は廃盤製品も多い

スレート屋根と金属屋根のケラバのメンテナンスと補修方法

ケラバ

 スレート屋根、金属屋根ではガルバリウムなどの板金のケラバが使用されているケースが多く、こちらも素材に合わせたお手入れや補修が必要となります。

釘が浮いたケラバ
変形したケラバ

 屋根塗装時にはケラバ板金も屋根材同様に塗装します。またケラバ板金に浮きが見られる、外れかかっている場合は釘やビスの増し打ちをしてしっかり固定し、錆などが酷い場合は交換します。同質役物(屋根材と同じ材質で作られたケラバ)の場合も屋根塗装時には同様に塗装します。

 表面に石粒が吹き付けられている金属屋根の場合、同じように石粒が吹き付けられたケラバ用の同質役物もあります。

 こちらは基本的にノーメンテナンスで大丈夫ですが、歪みや変形がないか、錆が発生していないかなどの定期点検は必要です。

石粒が吹き付けられている金属屋根のケラバ


鼻隠しを補修する際、新しい雨樋にした方がお得

 木材から窯業系に変える場合、部分交換はできないので全交換となります。部分的に交換する場合でも素材によっては塗装が必要ですし、何より色違いが発生してしまうため、全体的な塗装をお薦めしています。
 お家が2階建の場合、1階部分よりも風雨が激しい2階部分の方が傷みは出やすいという特徴があります。2階部分の工事には安全面・作業面を考慮して足場仮設が必要なので、まとめて他の工事もやってしまった方がお得です。板金巻きや交換をする場合は雨樋も新しくすることをお勧めします。

鼻隠しを交換する場合は雨樋も新しくすることをお薦めします
足場を仮設する場合複数の工事をまとめて工事すると費用的にもお得になります

 雨樋をはずして、取り付ければ、これまでのものでも、新しいものでも、脱着は1回です。この際に雨樋の支持金具や形状を見直すのも一つの案です。雨樋の支持金具は下から支えるように取り付ける受け金具よりも、上から吊るすように取り付ける吊り金具の方が耐久性に優れているといわれています。また半円上の雨樋よりも角樋の方が流水量をより多く確保できるため、溢れにくく破損しにくい状態へ仕上げることも可能です。以前よりも降雨量が増えたと感じる地域、風当たりが強い面はこの際に雨樋の状態も再確認してみるとよいかもしれませんね。



鼻隠しを交換する場合は雨樋も新しくすることをお薦めします
破風板や鼻隠しの補修工事

 破風板や鼻隠しの補修だけという工事をすると、雨樋交換が必要になった時に足場の仮設、雨樋の脱着を再度、行わなければなりません。工事中だと生活も落ち着かないし、ストレスを感じる機会が増えることでしょう。

 また補修を複数回に分けることで注意しなければならないのはメンテナンスサイクルと配色等のバランスです。いくら少しの面積といえど破風や鼻隠しだけを綺麗に補修すると見た相手に浮いた印象を与えてしまいます。

破風板や鼻隠しの部位ごとの補修
雨樋の補修

 また部位ごとにメンテナンス時期を変えることでメンテナンスの管理や無駄な支出が増えてしまいますので、できる限りまとめてのメンテナンスを検討していきましょう。一時的には高い支出に見えても長い目で見れば必ずコストを抑えることができます。

複数の工事を別々に行った場合とまとめた場合

 私たち街の外壁塗装やさんは外壁塗装や屋根塗装だけではなく、破風と鼻隠しの補修や交換、雨樋の交換などにも対応しております。お家のことなら何でもご相談ください。


街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください

破風・鼻隠し・ケラバに関するまとめ
  • 破風とは雨樋が取り付けられていない妻側屋根の端に設置されている部分、鼻隠しは雨樋が取り付けられている軒先屋根の端に設置されている部分を指しています。

  • 破風の上端部分がケラバと呼ばれますが、破風かわからない場合は「屋根の端」と説明していただければ問題ありません。

  • 破風・鼻隠しは屋根が苦手とする横や下から雨風の浸入を防ぐ他、美観性の向上や延焼防止という住まいにとって大きな役割を担っています。

  • 破風や鼻隠しの劣化を放置してしまうと軒天や垂木にまで腐食が及び、室内へ雨漏りを引き起こす危険も高まります。

  • 以前は木製が多く見られましたが、基本的な耐久性向上のため現在は窯業系・樹脂系・ガルバリウム鋼板製の破風・鼻隠しを使用している住まいが多くなっています。

  • 破風・鼻隠しのメンテナンス方法はまず塗装による塗膜保護です。劣化が進行した場合は板金カバーや交換を検討する必要があります。

  • 鼻隠しの板金カバーや交換を行う際は雨樋を取り外す必要があります。この際に雨樋の形状や金具の状態を見直し交換を行うのも良いでしょう。

  • 私たち街の外壁塗装やさんは塗装だけでなく、破風・鼻隠し(付帯部)の補修や交換も承っております。気になる方はお気軽に無料点検をご利用ください。