愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岡崎店

街の外壁塗装やさん岡崎店

〒444-0076

愛知県岡崎市井田町稲場2-1

TEL:0120-75-2377

FAX:0564-83-5429

おかげさまで岡崎や豊田で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-75-2377

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

FRP防水について


FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチックです。船舶、水槽、バスタブ、波板、自動車、屋根材等として広く使用されています。

FRPは、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。
FRPに使用される主な材料には、ポリエステル樹脂等の熱硬化性樹脂を補強材としたガラスマット、トップコート(保護仕上材)などがあります。トップコートはFRP防水層を紫外線などから守るためのものです。密着度が高く、建物の振動にも強いFRPですが、木造の広いベランダ・鉄の下地には不向きで伸縮性には優れていません。
木の収縮により、変形量が大きくなってしまう木造の広いベランダでは付いていけず、ひびなどが生じる危険性があります。また、下地が鉄の場合、FRPの施工はお勧めできません。

メンテナンスについて、FRPは適切な施工を行っても硬いために下地の動き・伸縮について行けず、経年劣化や紫外線で表面のトップコートがパリパリになってきます。トップコートのひび割れや剥がれによって、すぐに雨漏りするということはありませんが、トップコートがないと熱や紫外線・空気中の窒素酸化物・加水分解などにより、FRP防水層が徐々に劣化します。この防水層まで劣化が進むと雨漏りの危険性が高くなります。定期的に点検しながら10年~15年を目安にメンテナンスをするようにしましょう。

岡崎市、豊田市、刈谷市、安城市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岡崎店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-75-2377
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岡崎店に