愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

セメント系スレート屋根について


今回は屋根材のコロニアルについて書きたいと思います。

コロニアル屋根とは、セメント系スレートの一部で商品名です。あと、カラーベストもセメント系スレートの一部です。セメント系スレートとは、セメントと繊維などを混ぜ合わせ、厚さ約5mmの板状に塗装を施した屋根材です。特徴としては厚さが薄いため重量は軽くなりますが、強風による飛来物や地震・積雪などでも割れる可能性があります。また、表面がザラザラしているため、砂やホコリが付着して、そこに水分が溜まり続けるとコケやカビが生えてきます。特に雨の多い地域や北側の屋根は生えやすいので注意が必要です。コケやカビが生えるとこによって見栄えが悪くなるだけでなく、劣化を早めることにもなるので注意が必要です。

メンテナンスについては劣化状況により方法が異なりますが、葺き替えや定期的に塗装を行わないと性能の低下が早くなってしまいます。そのため塗装は10年~15年程度がおすすめです。ここで、既存のセメント系スレート屋根材の撤去を伴う葺き替え工事を行う場合注意するべき点があります。2004年以前に建てられたセメント系スレート屋根にはアスベストが含まれている危険性があります。撤去方法や廃棄物の運搬方法、近隣への告知義務などが厳しく規定されており、処理には多額の費用が掛かります。現在のセメント系スレート屋根はアスベストの使用が禁止されているため、2004年以降に建てられたセメント系スレート屋根にはアスベストは使用されていません。

ご自宅のスレート屋根がアスベストを含んでいるかどうかがわからない場合、代わりに点検いたしますのでご相談ください。