愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

劣化してこそ?木製サイディング


外観に木をはったオシャレなお家って憧れますよね。

オシャレな木のお家ですが、木製サイディングとは、簡単に言ってしまえば木の板!

つまり劣化します。

劣化のしない外壁なんてものはありませんので、どれも同じなのですが、木製サイディングの特徴としては紫外線にさらされ茶色だった表面が、だんだんと色が抜けていきます。
そしてグレーになっていくのです。

 

いえイメージ

グレーになった外壁が味があっていいよね。という方も多いです。

しかしグレーがかった外壁をそのままにしておくと、どんどんと劣化してしまいます。
そして最終的には雨漏りの原因になるわけです。

外壁塗装もいろいろと種類がありまして、もちろん新築のように色鮮やかな木張りに近づける塗装もあります。
そしてグレーがかった木材に色は注入せず、保護のみを目的として作られた塗料もあります。

もし風合いをそのままにしたいとしても、しっかりと外壁塗装はしておきましょう。

 

そして色を塗りなおす塗料にもいろいろと種類があり

木を覆って、つるーっとした表情のものもあれば、浸透してさらっとした塗料もあります。

保護という観点からは、前者のほうが強そうではありますね。
前者はポップな印象をうける見た目になりそうです。

見た目も全然変わってしまうので、塗った状態の見本を見て選ぶのがいいですね。

板イメージ