愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

外壁の色を選ぼう


外壁塗装を行う際、悩まれるものの一つに、「色選び」があります。元の色に合わせるのももちろんですが、せっかく塗装するのだから思い切って違う色にしよう!と気分を変えるのもアリだと思います。

塗料の色を選ぶとき、多くの場合は”色見本”と呼ばれる色の一覧帳を見て色決めをします。ですがその数は膨大で、なかなか決めかねるかと思います。ではいったいどんな色を選んだらいいんでしょうか?

色選びのポイント

まずはメインとなる色を決めていきましょう。

どんな雰囲気の家にしたいですか?

明るい、元気な家であれば白やベージュ、落ち着いた、静かな家であればグレーや青、など家のテーマがあるとそれに沿った色を選択するといいでしょう。ポイントは、周辺の景色と違和感がないかどうか、です。一般住宅は店舗や商業施設と違い、目立たない色、街並みに調和した色が良い色とされています。目立つ色はかえって悪目立ちしてしまいます。赤など強調される色でももちろん構いませんが、なるべく明度を落として落ち着いた色合いにすることをおすすめします。また、色を選ぶ際ポイントとなるのが、色見本で見た色よりも、塗装した建物の色を見ると明るく感じることです。これは、小さい面積で色を見るのと大きな面積で見る見え方の違い、目の錯覚によるものです。「思ったよりも色が明るくなった」というのがよく聞く失敗談です。外壁塗装はそれだけ費用が掛かりますし、そんなに何度も塗り直せるものではありません。イメージしている色より明度を1段階下げた色を選択するといいかもしれません。

色を2色選択される場合は、メインの色と同系色の色を選ぶと間違いはないでしょう。また複数色を使用する場合は、プラスで黒や白を入れると統一感が生まれやすいです。

どうしてもイメージが沸かない!そんなときは

ここまでお話してきましたが、実際はお客様のお好きな色を選びましょう。

また弊社では実際のお客様の家に色を当ててイメージをしていただく、カラーシミュレーションを行っております。

「こんな色合いはどうかな?」「実際はどんな感じになるんだろう」、など頭でイメージしにくく不安に思われる方でもカラーシミュレーションを行うことでイメージしやすくなります。

もし外壁塗装をご検討されているのであれば、無料点検、見積り出しに加えてカラーシミュレーションも行っていますので一度ご相談ください。