愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

外壁貯金のすすめ


外壁の工事って突然やってくる!

そんなイメージの人は多いでしょう。
そろそろ外壁やらなきゃなーなんて思いますよね。

少し小ネタなのですが、外壁塗装をする時は足場を作ります。
足場を作れば屋根の上まで登ることができますよね。
ならば一緒に屋根塗装もしたほうがいいですよね。
足場分の料金を浮かせることができます。

知っている人が多い小ネタでしたかね。
屋根塗装も一緒にやろうと思うのならば、代金も大きくなりますよね。
なので前もって貯めておく必要があります。

毎月いくらくらい貯めておくべきなの?

外壁塗装は面積から使用する塗料の値段で、かなり価格は変わります。

でも100万円を今年中に払わないといけない。となるとかなり圧迫感がありますが、20万円ぐらいならば必要なものだしいいんじゃないかなと思えるのではないでしょうか。
となると100万円を外壁塗装用に蓄えておき、あと少し足が出た分はお財布と相談というのがいいのではないだろうかと、私は思っています。ここらへんの金額は家庭ごとに変わるので、自分たちで決めてくださいね。

では外壁塗装の必要スパンとしては、10年から15年となります。自分のお家を建ててもらったメーカーさんなどに聞くと、どれくらいで必要になるか教えてくれますよ。
短めに見て、10年で100万円なら1年10万円、1ヶ月あたり8400円くらいですね。

つまりだいたい8千円ぐらいを貯めていけば、いざという時に役に立ちます。
将来必ず必要になるものなので、今から貯めておくといい結果につながりそうです。