愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

太陽光パネルに関するトラブル


■太陽光パネル設置の落とし穴!雨漏りに注意!

太陽光発電用ソーラーパネルを設置する家庭が増えたと同時に、設置工事にまつわるトラブルも増えています。多くみられるトラブルのひとつが雨漏りです。ソーラーパネルは屋根にのせるだけではなく、屋根に穴を開け、台座部分をボルトとナットで固定します。このときに開けた穴から雨漏りが発生するのです。原因は、パネルの設置・販売を手掛ける会社がパネルの設置にのみ特化しており、屋根の施工知識が乏しいことにあります。
リフォーム時に太陽光発電用ソーラーパネルの設置を検討している場合は、屋根の状況をきちんと把握して施工できる会社に依頼すべきでしょう。エコでクリーンな上に、売電収入も得られるとあって人気が高まる太陽光発電。今後も、リフォームや新築を機に自宅に取り入れようという家庭が増えていくと予想できます。太陽光パネルの耐久年数は20年程度だといわれています。途中で屋根に不具合が起きた場合、大変なことになることも考えられます。新築以外のリフォームの場合、ソーラーパネルの設置前に屋根の修繕や塗装、外壁塗装も済ませておきましょう。ソーラーパネルの設置時に屋根や外壁の塗装を同時に行うことは、後々のコストを考えると圧倒的にオトクになります。