愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岡崎店

街の外壁塗装やさん岡崎店

〒444-0076

愛知県岡崎市井田町稲場2-1

TEL:0120-75-2377

FAX:0564-83-5429

おかげさまで岡崎や豊田で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-75-2377

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

太陽光パネルと熱に関すること。


■暑すぎると発電効率が落ちる?!遮光塗料を使用するメリット

屋根塗装を検討する前に、太陽光発電と屋根の温度が密接に関係していることをご存知でしょうか。
太陽光発電は、太陽がさんさんと降り注いでいるほうが、多く発電できるイメージがあることでしょう。しかし実は、気温が高すぎると発電効率が落ちるのです。太陽光発電は周辺温度が10℃上昇すると、発電効率が5%下がるといわれています。太陽光発電の基準温度は25℃なので、屋根の表面温度が20℃上昇すれば10%ほど発電効率が下がるということになります。そのため、日差しが強く気温の高い夏場は、効果的に稼働ができなくなってしまいます。そこでおすすめしたいのが、屋根に遮熱塗料を塗る方法です。遮熱塗料は、屋根の表面温度を10~15℃下げる効果があるといわれます。ソーラーパネルの設置前に遮熱塗料を屋根に塗装することで、エアコンなど電力を使用する頻度が高い夏でも、発電効率をキープできます。太陽光発電システムを屋根に取り付けると、それだけで遮熱効果が得られます。加えて屋根や外壁に遮熱塗料を塗布することで、家の断熱性能をさらに高めることができます。高温多湿の日本では、遮熱塗料の果たす役割は非常に大きいといえます。太陽光発電システムの能力を最大限に活用するためにも、遮熱塗料の塗布をおすすめします。

岡崎市、豊田市、刈谷市、安城市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岡崎店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-75-2377
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岡崎店に