愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

羽目板の特徴


羽目板とは、屋内で無垢のひき板をはる施工は、ご存知の方も多いと思うのですが、屋外でも使用できます。以前は、土壁の保護のために、板を張るといったことがされており、古くから残る家で雨がかかる地面に近い部分に羽目板をするなどといった家を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。木材のため、反りや乾燥収縮がおこるため、ある程度厚みのある材料を使わないと割れが出たりする可能性があります。メンテナンスフリーではないため、家の変化にしっかり対応できるご家庭でないと、面倒になってメンテナンスしないことに繋がり、建物の寿命が短くなってしまう危険性があります。また、木材ですので火災の対策を講じないといけない地域には採用することが難しいこともあると思います。