愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

セメントモルタル塗りの特徴


セメントモルタル塗りとは、湿式の外壁仕上げの方法で、もともとは隣家の火事の延焼を抑えるために日本に普及したのではないかと言われます。このセメントモルタル塗りですが、塗り方によって、いろんな表情を作ることができるため、外観に個性を出したい方などから支持されています。ただ、現場で施工するため、職人さんの腕と知識、経験がものをいう世界でもあります。施工によっては、雨濡れやクラックによる構造躯体の腐朽など懸念されるため、細かな規定が定められています。防水シートの上にラス張りされた下地に下塗り、中塗り、上塗りの3回セメントモルタルを塗るように性能保証住宅標準仕様では定められています。セメントモルタル塗りを選択される方は、こういった仕様をしっかりと確認するようにしてください。