愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

外壁タイルはどうなの?


外壁タイルのメリット・デメリット

外壁タイル

外壁というと、サイディングが今や代表格ですが、

最近はコストパフォーマンス、メンテナンス性の高さから

ガルバリウム鋼板の外壁材が多く使われるようになってきました。

そういえば、メンテナンス性・耐久性を求める方が最近は増えているように思います。

メンテナンス性ということを考えると、ガルバリウム鋼板以外にも、

たとえばタイルなんていう選択肢もあるのではないでしょうか?

外壁タイルのコスト

外壁タイル

外壁タイルはコストが高いというイメージがありませんか?

はい、そのイメージ通り外壁タイルは高い方の部類に入るかと思います。

しかも、タイル自体の金額もピンからキリまで、

そして、タイルの施工価格自体もピンからキリまで・・・。

施工性に優れた、工場で大量生産されたタイルは、

比較的物自体も安価で、施工性が優れている分施工費も低く抑えることができます。

しかし、手作りに近いようなタイル、一枚一枚を手張りしなくてはいけないタイルになると、

タイル張りけで、材料+施工費でローコスト住宅一棟分以上の金額になってしまうこともあります・・・。

タイルのメリット

そんなタイルですが、もちろん良い点もたくさんあります。

 

例えば、

1.外観の高級感

2.メンテナンス性が高い

3.耐久性が高い

などなど。特にメンテナンス性・耐久性のメリットは大きいですね。

ただ、よくいわれるメンテナンスフリーということはありません。

たとえば、タイル自体の劣化はほとんどないとはいうものの、

苔やカビが生える、汚れがつくこともありますので、

汚れを落とす必要はありますし、

目地が切れてしまうこともありますので、

切れた目地は補修が必要です。

ただ、他の外壁材と比較すれば、その程度のメンテナンスで済むので、

楽ではあると思います。

初期投資は高いとはいえ、そういったメリットがあることを考えると

外壁タイルも検討の余地があるのではないでしょうか?