愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

【岡崎市外壁塗装】漆喰の壁の耐久性


漆喰の壁は耐久性どうなの?

漆喰の壁ってどう?

漆喰の塗り壁って実は耐久性がすごいのです。

漆喰は、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムが主原料です。

日本では古来から城や寺社、商家、お蔵などなど、木や土で造られた内外壁の上塗り材としても用いられてきた建築素材です。

 

主成分であるの水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸収しながら硬化する性質を持っており、施工後の水分が乾燥したあとは、

長い年月をかけて硬化していきまます。また不燃材料でもあるため、外壁材として長く愛用されてきたのです。

 

また、化学物質過敏症の原因の主たるものとされるホルムアルデヒドの吸着分解作用があること、

調湿作用があること、脱臭作用があることなど、機能性の高さからも注目を集めている素材です。


しかし、残念ながら漆喰施工のお家は非常に少ないのが現状です。

メンテナンスが大変だという誤解もあるのでしょうが、

それに加えてやはり職人さんの手が必要になるため、

どうしても施工費用が高くなってしまうというデメリットが大きいのでしょう。

全面施工とまではいかないにしても、

一部自分自身で漆喰を塗ってみるというのも楽しいのではないでしょうか?

そして、自分自身の手でメンテナンスをしていけば、

家に対する愛着もわいてくることと思います。