愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岡崎店

街の外壁塗装やさん岡崎店

〒444-0076

愛知県岡崎市井田町稲場2-1

TEL:0120-75-2377

FAX:0564-83-5429

おかげさまで岡崎や豊田で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-75-2377

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

シーラー、フィラー、プライマーの違い


見積りの明細にシーラー、フィラー、プライマーのどれかの言葉を目にしたことがありませんか?外壁塗装の欄にあるから多分塗料の名前なのかな?と思われるかと思いますが、これらはすべて下塗り剤を意味しています。塗装は基本、下塗り→中塗り→上塗りをしますが、この"下塗り"で登場するのがこれらの3つです。中塗り、上塗りの密着力を上げるため、仕上がりをよりよくするためにこの下塗りを行います。ちなみに塗料によっては塗装工程を4回塗りするものもありますので、かならず3回とは限りません。

シーラーとは

シーラーの語源は、「接着する」や「覆い隠す」といった"シール"からきています。密着力の高い下塗り剤で、主にモルタルやコンクリートなどの素地に適しています。

フィラーとは

英語で「埋める、詰め物、充填材」という意味を持つフィラーは、下地がでこぼこしていたり、モルタルのヘアークラックを補修する際に平らにならすために使用します。一般的に外壁材がサイディングの場合は使用することはないでしょう。

プライマーとは

プライマーは英語で「最初に塗る塗料」という意味があり、下塗り材のことを称してプライマーと呼ぶこともあります。ちなみにシーラーとの違いはいろいろ言われていますが、正しく定義するものはないのでほとんど同じと考えてもいいかと思います。

劣化の進んだ外壁は塗料を吸い込んでしまうこともあります。シーラーやプライマーはその吸い込みを止める役割も果たしているので、吸い込みがを止めるように多く塗布することもあります。どんなに良い塗料を使っていても下塗りがしっかり塗られていないとすぐに剥がれ落ちてしまいます。これらの下塗り材をしっかり塗布することで、より塗料の密着力をあげ、仕上がりをよくしているのです。

岡崎市、豊田市、刈谷市、安城市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岡崎店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-75-2377
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岡崎店に