愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

塗料の種類


ウレタンとシリコン

外壁塗装の話が進むと、塗料の名前を耳にすることになります。

その中でもよく聞くのがウレタン塗料とシリコン塗料、そしてフッ素塗料。

名前の成分がそれぞれ入っているのですが、名前を聞いてもイマイチわかりませんよね。

どんな違いがあるのでしょうか。

塗料の比較

それぞれにどんな特徴があるのか、簡単に表にしてみました。

あらかじめいっておきますと、耐用年数は塗料のメーカーによって違います。

また、これだけ見ると、「じゃあフッ素がいいんだ!」という認識になるかと思いますが、

以前のコラムでも書いたとおり、安い=悪いわけでもありませんし、お客様のご要望によっては

ウレタン塗料で十分な場合もあります。確かにフッ素塗料を使用すると長持ちしますがその分値段が上がります。

それだけの性能が必要なのか?過剰施工にならないためにも適材適所が大切です。

以前は外壁塗料といえばウレタンといわれたように、シリコンやフッ素よりもはるかに値段も安価でしたし、主流はウレタン塗料でした。しかし、近年シリコン塗料が手に届く価格で施工できるようになり、ウレタンよりも耐候性がよく、さほど金額差がない。じゃあちょっといいシリコンにしよう。と思うお客様が増えてきました。主流がウレタンからシリコンに変わったのです。今ではシリコン塗料をメインで使っている業者さんが多くいます。

ですが、今でもウレタン塗料を強く推す業者も少なくありません。ウレタン塗料が今でも人気があるのには理由があります。

ウレタン塗料には樹種がやわらかいのが特徴です。ですから、密着性が高く木部など、伸縮してしまうような部材にも対応できます。それに比べてシリコン塗料はひび割れを起こしてしまうので、使える部材に限りがあります。

もっとも注意すべき点

簡単にですが、塗料の違いをお話してきました。

成分の違いももちろん使い分けるのに大事な知識ですが、最も注意すべき点は、「塗料のメーカー」です。

今世の中には数多くの塗料が存在します。同じシリコン塗料でも価格が違ったり、シリコンの含有量も塗料によってバラバラですし、調べてもあまり細かな情報は載っていません。私たちでも塗料の善し悪しを見分けるのは簡単ではありませんし、ましてや素人目で塗料を見分けることはもっと難しいです。お勧めするのは、よく聞くメーカー、つまり大手塗料メーカーの塗料です。価格は少し高めかもしれませんが、安くて信用できるかどうかもわからない塗料を使うよりは確実に信頼できますし、実績があります。ちなみに日本の三大塗料メーカーと言えば、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研です。

塗料選びの参考にしてみてはいかがですか?