愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

もらい錆について


近年は、ガルバリウム鋼板やSGLといった強い板金の外壁が使えるようになりました。

ガルバリウムはトタンよりも錆びにくい合金です。
アルミと亜鉛を表面にメッキしてあるので、中の鋼板が錆びにくい、長持ちするという特性があります。

この長持ちがとても魅力的で、外壁の塗装頻度も落ちるのでお財布にも優しい外壁になります。

しかし、絶対錆びない金属外壁というものはありません。金属ならではの注意点もあるので、紹介していきます。

まず、どこのお家にも外部に物が置いてあったりしますよね。ホースとか子供の三輪車など
そういったものに鉄などの金属が使われていた場合、雨風で当然錆びていきます。
それが外壁に触れていた場合、錆びをもらってしまうことがあるのです。
これを貰い錆なんて言います。あまり馴染みのない言葉かもしれません。
錆びにくいガルバリウムも貰い錆をすると、中の鋼板まで錆びるのがとても早くなります。
なるべく金属外壁のお家には、物がくっついて置いてあるようにしないということが大事です。

よく見かけるのは、脚立などを立てかけていて、もらい錆を起こすことがよくあります。
金属外壁は柔らかいので、凹みや傷の原因にもなります。

物を立てかけるなどは、やめておいたほうがいいですよ。