愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岡崎店

街の外壁塗装やさん岡崎店

〒444-0076

愛知県岡崎市井田町稲場2-1

TEL:0120-75-2377

FAX:0564-83-5429

おかげさまで岡崎や豊田で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-75-2377

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

シート防水(ゴムシート)について①


バルコニーなどの防水方法の1つとしてシート防水について書きたいと思います。

シートの種類としてゴムと、塩ビの2つに分かれ、それぞれに特徴があります。

まずゴムシート防水は、シート状の合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。

ゴムのため伸縮性が高く、耐候性にも優れますが、シート同士の接着は接着剤と粘着テープによるので、一体化しないという特徴があります。またシートの厚みが薄いのでやや損傷しやすいのも特徴です。
しかしコスト面で比較的安価であり、手軽にでき短工期で済む工法なので、目立ちにくいところの工事や応急処置としては、最適な防水工事と言えます。また軽量であるのも大きな特徴で、上に保護層を塗れば軽歩行も可能です。
ゴムシート防水の長所は、材質が合成ゴムなので、伸縮性が高く伸びがあり、下地の亀裂にも柔軟に追随することです。
温度による物性変化が少ないので、施工地域による制約も少なく、耐用年数も長いです。
ゴムシートを接着剤と粘着テープによって貼り付ける工法なので、短工期・低コストです。目立ちにくいところの防水工事や応急処置にも最適です。
また軽量なので、木造建築にも向いています。上から保護層として塗装材を厚塗りすれば、軽歩行も可能です。

ゴムシート防水は、しっかり接着するために、下地が平らである必要があります。そのため複雑な形状には採用にしにくい工法です。
シート同士を貼り合わせるので、接着剤の性能がそのまま防水の性能となる傾向があり、接着剤の耐用年数が問題になります。紫外線でシートが次第に劣化していき、またシート自体が薄いため、鳥害や衝撃に弱いという特長もあります。
また、接着剤や素材自体に化学物質を使用するので、シックハウスに注意する必要があります。

次回はシート防水の塩ビシートについて書きたいと思います。

岡崎市、豊田市、刈谷市、安城市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岡崎店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-75-2377
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岡崎店に