愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岡崎店

街の外壁塗装やさん岡崎店

〒444-0076

愛知県岡崎市井田町稲場2-1

TEL:0120-75-2377

FAX:0564-83-5429

おかげさまで岡崎や豊田で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-75-2377

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

塗装する時期はいつがいいのか?【岡崎市】


よく言われているのが、6~7月の夏に入る前の雨期には塗装を控えたほうが良いという事です。

 

雨期の塗装はなぜダメと言われているのかというと、外壁塗装に使用する塗料ですが、乾く前の塗料に雨水がついてしまうと、塗料が流れてしまいます。外壁塗装は、塗料を塗ったあとに必ず乾燥させる為の時間を設ける必要があります。乾燥時間をきちんと確保することで塗膜が作られ、この塗膜によって紫外線・雨水などの自然環境からのダメージを防いでくれる防御壁となります。しかし、乾燥中の塗料は水に弱いので、雨が振られてしまうと以下の事が起きます。

・乾燥しきってない部分が流れてしまう

・水が付くのでもっと乾燥時間が必要となってしまう

・乾燥が不十分なまま仕上げ塗りがされてしまう

これらは雨によって引き起こされ、塗装日数の増加に繋がり、お客様にも塗装業者にも負担となってしまいます。

これが、雨期の時期は塗装を避けたほうがいいと言われる理由になります。

ただ、雨期の時期は塗装を避けた方がいいと言われてはいますが、塗装ができないということではありません。雨が多いというだけで、そもそも雨期は夏前のあたたかい季節なので塗料が乾燥しやすい時期のため、雨(天気)に気をつけていれば雨期の時期でも塗装は行なえます。

あと、気温に関しては「温度が高い時は施工を避ける」などの記述は見当たらないのですが、現場では「気温が40℃を超えると乾燥が速くなるので塗りにくくなる」、「屋根塗装の際、表面温度が60℃を超えると乾きが早く、ローラーが引っ掛かったようになり、塗りにくい」といった声もあります。

地域差もありますので、そのあたりのことも含め一度塗装業者にご相談することをお勧めします。

岡崎市、豊田市、刈谷市、安城市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岡崎店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-75-2377
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岡崎店に