愛知の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岡崎店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん岡崎店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

外壁塗装工事の足場仮設は実はとても大事な項目です。


外壁塗装や屋根工事の見積りを見ると、塗料費の次に費用がかかるのが『足場施工費』。直接塗装に関わってくる工事ではないだけに、”高い”と感じる人が多いのではないのでしょうか?

基本的に2m以上の高所で工事を行う際に、足場の仮設が必要になります。また、建物の形状が複雑な場合や、高所ではないものの足場が不安定で脚立では困難な部分には足場を使用することになります。隣接間隔が狭い場合は作業床が狭いものなど、足場の種類も場所によってさまざまです。

足場設置中

足場は職人さんにとっては命綱です。高所からの落下防止に役立つ他、作業効率にも大きく影響します。屋根工事の際も、屋根の勾配の違い、屋根材により直接屋根の上に立つのが困難な場合は足場を設置せざるを得ません。

 

とはいえ、塗装をするたびに足場を設置するのは少しもったいない気がしますよね。外壁塗装をご検討されている時期というのは、目には見えませんが同時に屋根も経年変化で劣化している場合が多いです。ですので、このタイミングで外装部分を1度メンテナンスするというのもひとつの手です。また、足場を仮設するには足場やさんにお願いするので、費用がかかってしまうのも理由のひとつです。ですので、同じタイミングでお隣さんと一緒に外壁塗装を行うのも割安になっていいかもしれませんね。

工事に必要な足場仮設ですが、やはり費用がかかってしまうので、足場が必要かどうかによって塗装工事費用が変わってしまうのでお客様にとって気になるところですよね。先に記したとおり、現場や既存塗料の状況によって工事の規模、足場の有無が違います。曖昧な回答をしないためにも、「街の外壁塗装やさん岡崎店」では、見積りを出す前には必ず1度、現場に足を運び、調査いたします。調査は無料で行っておりますので、外壁塗装・屋根塗装をご検討されておりましたら、お気軽にご連絡下さい。→0120-75-2377